Just another WordPress site
<

幼稚園の入園式に

幼稚園の入園式には大きかった制服もすぐに小さくなります

ついこの間までママのそばを離れることができずに、まだまだ赤ちゃんだと思っていたわが子が、いつの間にか幼稚園に入る年齢に成長しており、入園式の日には少しぶかぶかした大きめの制服に身を包んでいる姿は、親ならば誰もが胸を熱くするものです。母親のそばを離れて初めて自分だけで出て行く小さな社会、それが幼稚園で期待と不安とがいっぱいで、ほんの少し誇らしげに見える小さな制服姿は何物にも代えがたいものです。
これまで母親が選んだおしゃれな子供服を着ていたけれど、幼稚園ではみんなが同じ服に身を包み、家にいる時とは違った様々な経験を積み重ねて成長してゆきます。幼稚園は幼かったわが子が初めて知る外の世界の第一歩です。

そんな制服は最近ではデザインの可愛らしさが幼稚園の人気を左右するほど大切なものになっていると言われています。確かに小さな子供が素敵なデザインの制服を着て幼稚園に通うさまは見ていてとてもかわいらしく魅力的なものです。わが子にもこんなかわいいデザインの服を着せたいと思うのももっともなことなのですが、幼稚園児にとって制服はデザインも大切ですが、活動量の増えるこの年代の服は汚れても洗濯がしやすかったり、毎日の園での生活の中で受けるダメージに対して高い耐久性を持った素材でできていることも、とても重要なポイントになります。デザインが可愛らしく高級感のあふれる素材でできていても汚れたらクリーニングに出さなければならなかったり、毎日アイロンをかけなければならないようでは、服のメンテナンスをしなければならない母親にとってもちょっと大変になってしまいます。特に毎日の事なので、汚れたらすぐに家庭でざぶざぶと洗うことができ、度重なる洗濯にも十分耐え得られるような耐久性の高さが求められます。

小さく幼かったわが子が幼稚園の入園式に出席するまでに成長した姿はまぶしく喜ばしいものです。でも入園式はその後の活動的な日々の始まりにすぎず、入園式で少しぶかぶかだった制服もあっという間に小さくなるほど子供の成長は早いものです。家で母親と過ごしていた時とは比べ物にならないほど活動範囲も広がり、体ばかりでなく心も大きな成長を遂げる時期です。そんな大切な成長の時期の体を包んでくれる幼稚園の制服は特別なものです。動きやすく丈夫でいつも気持ち良く着せてあげることができるようにメンテナンスもしやすい素材でできたものを準備したいものです。